米国の債券為替戦略

急激な円高!その後の協調介入はなぜあれほど素早く行われたのか!?



米国の債券為替戦略







・苫米地英人さん推薦 「岩本沙弓さんは、この本で、なんと為替変動制というのはまがい物であるということを言っている。つまりは、アメリカの借金棒引きのシステムである、という指摘である。優れた分析と未来予測、いま読まれるべき本だ。」


この円高で日本が再占領されるのか!?

迫りくる8.15はXデーなのか?

米国の債券為替戦略で、日本が散々な目にあってきたのは、今に始まったことではない。
実は、円高誘導のニクソン・ショックが8月15日だったこと自体、日本をターゲットにしたものであるのは明らかだった。

本書は円高ドル安という為替の罠が米国への貢のシステムであることはデータ的にはっきりさせただけでなく、米国が次に考えるシナリオを提示しています。

この8月15日は米国債の金利支払いの日程であり、場合によっては支払いがなされず、何も言えないという状況も考えられます。

3.11後に、なぜ円高にふれたのか?
誰もが、日本売りで円安になると思ったのに、急激な円高! その後の協調介入はなぜあれほど素早く行われたのか!? 全ての疑問がこの本を読むと解明されます。

為替を通してみると世界の動きと、日本の位置がはっきりと分かってきます。

かつてフリードマンが理想的なものとして変動相場制を主張し、新自由主義の世界金融戦略の根幹となっている為替変動のまやかしを、これほどはっきりデータと共に示したものはないでしょう。

8.15のニクソン・ショックから始まった苦難の円高、借金棒引きシステムを余す所なく暴きます。なぜ、為替介入が行われ、その米ドルは換金できないのか?
しかも、ディーリングで見ていると、必ず先行してプライスアクションが起こるというリアル。

全ての経済予測はこの本を抜きにしては語れなくなる。







新・マネー敗戦―ドル暴落後の日本






為替に関するつぶやき