TARI TARI

ストーリー


白浜坂高校の声楽部に所属する宮本来夏は、ピアノ担当の上野みどりの譜面捲りを担当していた。前々から歌を歌いたいと思っていた来夏の思いを察したみどりは、声楽部の顧問である教頭先生に一度言ってみたらと来夏に問いかける。しかし、来夏は教頭先生から去年の発表会での失敗を指摘されたうえに「音楽の才能は無いから諦めなさい」と断られたことに憤り、声楽部を退部して新たに合唱部を作ることを決意する。

来夏は親友の沖田紗羽と弟の誠を誘い、元音楽科だった坂井和奏も誘うが、かつて母親の他界による悲しみのトラウマを負って以降歌から遠ざかっていた和奏には、入部を断られる。紗羽は来夏の望みを叶えたい思いから和奏を自宅に招き、「合唱部を作るのに名前だけ貸してほしい」と頼み込むことで、和奏から一時凌ぎの承諾を得た。和奏がピアノを弾けることを知った来夏は、ケーキを奢る代わりに練習を手伝ってほしいと頼み、発表会を成功させる。しかし、発表会が終わると誠をはじめ合唱部の部員たちは相次いで退部していき、残り部員が3名になったことで教頭先生から廃部の宣告が出されてしまう。そのころ、バドミントン部の廃部を宣告されていた田中大智とウィーン(前田敦博)は、互いの入部を賭けてバドミントンで勝負するが、来夏たちに敗れて合唱部への入部を余儀なくされる。しかし、大智のバドミントンに対する熱意を察した来夏は、合唱部とバドミントン部を統合した「合唱時々バドミントン部」を設立する。かくして、5人の部員達の物語が始まった。

合唱時々バドミントン部


坂井 和奏(さかい わかな)
声 - 高垣彩陽
本作の主人公。白浜坂高校普通科3年1組。土産物屋の一人娘。母親が他界したことにより音楽科から普通科に転籍しており歌うことには消極的で、合唱部に入部当初は主にピアノを担当をしていた。母がどうして病気のことを黙っていて話してくれなかったのかということで悩んでいたが、父の圭介が、母は病気のことを話して和奏の心に悲しさを残すよりも話さずに優しさや強さが和奏の心に残るように病気のことを黙った状態で歌を和奏と一緒に作りたいという思いを持っていたことを話し、母の思いを知ったことで号泣してしまう。しかしそのことによりそれ以降歌と向き合えるようになる。授業の時にはめがねをかけることがある。ケーキが好物。頼みごとをされると断り切れないお人好しな性格でもある。家族構成は父・圭介とオス猫のドラ。
アニメ版の序盤では、来夏の視点からストーリーが展開されるため和奏はサブ的な立ち位置が多い。

宮本 来夏(みやもと こなつ)
声 - 瀬戸麻沙美
本編のもう一人の主人公。合唱部の部長。歌うことが大好きな女の子。声楽部に所属していたが、1年前の発表会での失敗で教頭から譜捲りをさせられており、部を辞め新たに合唱部を作ることを決意する。ケーキと引き換えに、和奏に頼みごとをする事が多い。今は亡きお爺ちゃん共々コンドルクインズの大ファン。

沖田 紗羽(おきた さわ)
声 - 早見沙織
来夏と仲の良い弓道部所属の女の子。世話好きなお姉ちゃん気質の持ち主で、相手が悩んでいるのを見過ごせないお節介焼きでもある。高校生の登場人物の中では一番胸が大きい。自宅の寺で愛馬のサブレを飼っている。将来の夢は騎手になることらしい。

田中 大智(たなか たいち)
声 - 島崎信長
ただ一人のバドミントン部員で、昨年まで全国大会の経歴を持つ。遅刻の常習犯。バドミントンの勝負に負け合唱部に入る。姉がバドミントンを始めたことがきっかけで自身もバドミントンをはじめ、憧れていた選手が白浜坂高校の出身だった事で自身も白浜坂高校に進学した。両親の転勤のため、姉と二人暮らし。

ウィーン / 前田 敦博(まえだ あつひろ)
声 - 花江夏樹
12年ぶりにオーストリア・ウィーンから日本に転入してきた帰国子女。日本の事は本で学んでいたが、色々間違った風習で覚えている。大智にバドミントン部に誘われたものの、大智と一緒に合唱部に入ることになった。何かとメモ帳にメモる癖がある。



お勧め



ページのトップへ戻る